忍者ブログ

昨夜、15th Trombone's  Family concert が無事終わりました~!

大変なプログラムの中、ドタバタの舞台裏を見ていると、

大変だなぁぁ~。。と思う反面、そんな場のない作曲科にとったら羨ましくもありました。
作曲家50人集まってもねぇ・・・w
ピアノ弾き50人集まっても・・・ねぇ・・・ww

なもので、ほんとファミリーって素敵だなぁって思いました!
でもやっぱり横川先生の人望なのでしょうね 
最初チョットコワイ感じでドキドキでしたが(笑 実際はとっても素敵で優しい先生でしたョ♪
チョイ悪系な本番の衣装がイイですね ヲイ!笑 
(なんとなくだけど、トロンボーン奏者って濃いお顔の方が多いのかしらン?
…いやいや、、そうではなくてw 先生が私の譜面から色々読み取ってくださったお陰で
昨日を無事迎えられたことに、心から感謝です!


とにかく初めて係らせていただくとあって、内部事情?とか何も分からず、
プロの方がたくさんいらしてビックリで、もぅ色んな意味でドキドキハラハラワクワクでしたが、
たくさんの方にお力借りて私の作品を音にしていただけた事が最高に嬉しかったデス!

・・・でもでも、間際までドタバタになってしまったことを懺悔したいです
自分が一番そういうの嫌なのに・・・エーン 

今回ほど本番までに色々変更したり改訂したのは初めてで、はたしてそれで良かったのか…。
なるべく負担なくまとまるように、色々変えさせてもらったのだけども、
実際はその変更すること自体が負担だったでしょう。。

・・・もし、自分の演奏会のためだったら、変えなかったと思う。私の責任で済むことだし。
でも、こういった舞台ではそういう訳にはいかないので。。ウーン。。

きっと大変な思いをさせてしまった方がたくさんいらっしゃると思うのですが、
私に対して文句も言わずに取り組んでいただけたことに心から感謝。
本当に勉強になりました!


そんなワケで、本番まで通して聴けなかったので内心バクバクだったのですが、
流石、本番を生きるプレイヤーの皆様!バッチリ宇宙遊泳して下さりました

あ・・・本番当日、結構プレイヤーの方々に「アクアの宙 DE …ってどういう意味ですか?」
と聞かれ、、、ちゃんと説明する間もなかったなぁ・・・と思い、
今更ながらの作品ノートを更新しておきました(笑
ここに載せても意味ないんだけども気休め~ww (
アクアの宙 DE スペースウォーク 作品ノート


ややこしいとこも宇宙人してくださり感謝!

そしてそして、ドsoloを 矢巻正輝 先生 に吹いていただき嬉しさ絶頂
知ったのが直前で、勝手にサプライズでした(笑
甘い音色で、もっともっと聴いていたかったー!!そしてもっと書きたかったー!!!

お会いしたのは初めてなのですが、なんだろ、、青レンジャー・・・いや違うかな、、
仮面舞踏会のあのマスクが似合いそうな・・・でもサムライ!シャキーンそんなお方に映りました


他の作品もバラエティーに富んでて、色々聴いていたらちょっとだけwトロンボーンやってみたくなりました
左肩痛くならないのかが気になる。。笑

いやホント、楽器関係なしに本番に向けての準備や練習、当日の運びとか・・・大変だったと思います。。
幹事さんをはじめ、皆さんお疲れ様!打ち上げはきっとハードに盛り上がったことでしょう!
ちょっとだけ参加させていただきましたが、あの打ち上げでのマンゴージュースは100倍美味しく感じました!!
ま、、私は何もしてないんだけども(笑


そぅそぅ、演奏会が終わってようやく色々な方とお話できたのだけど、もっともっとお話したかったなぁ・・・涙
またお会いできたらいいなぁ (そのためにもどうかまた書かせてw)
学生の皆さんや卒業生、大人のプロの方々もみなさん素敵で面白くて、
あと、西大樹サンという不思議オーラ全開の作曲家さんとも出会えたし、たっくさんの出会いに感謝です

聴きに来てくださった皆様もありがとぅございました
応援心強かったです♪ありがたいお言葉もホントに嬉しかったです♪

最近色々凹んでいたんだけど、皆さまからパワーいただきましたっ!



あ!!!!!!!!!!!!
でも、満たされて帰って来てしまったため、、、22日の夜に見えるはずだったこと座流星群を見逃したーーーアゥー
どちみちここらへんじゃ見えなかったと思うけども・・・


しゃーないので、得意な妄想旅行いってきまーす ワーーーープっ

拍手[0回]

PR

アクアの宙 DE スペースウォーク
        for  Trombone's Family (Tb.×50人くらい!)


トロンボーンたくさんの音を頭の中でイメージしていたら、やっぱり宇宙に行きたくなって、
この素敵な機会、宇宙ネタで書かせていただきました。

なぜスペースウォーク(宇宙遊泳)かと言うと、
「トロンボーンズ・ファミリー」という繋がりのあるプレイヤーの皆さまそれぞれが、
それぞれの道でご活躍されている、ということを想像していたら、

  大きな宇宙の中でそれぞれが自由に宇宙遊泳

している姿に脳内でリンクしたから♪
それでこの曲を書く事にしました!

「アクアの宙」は、今回の演奏会がアクア文化ホールだったから。

アクアのそらで、プカプカ遊んでください☆彡 みたいな感じです。


、、、ちなみに「DE」は・・・


・アクアの宙でスペースウォーク

・アクアの宙 de スペースウォーク

・アクアの宙 DE スペースウォーク



最終候補の中から選びましたw それだけ。


なんとなく「DE」が宇宙的じゃない?ww
 
とある子から「アクアの宇 DE …なのですが・・・」って連絡きて、なんかわらけました。



という訳で、こちらの作品は、

スペースシャトルが打ちあがるシーンから始まり、
いかにも!なテーマに乗って宇宙に向かい、その後
不思議な宇宙空間や、宇宙遊泳をしていただき、
というか、皆さんに宇宙人になっていただき、
で、またテーマに乗ってどこか違う宙に向かって飛んで行け~

そういう作品でした!

拍手[0回]

大阪音楽大学第51回定期演奏会@シンフォニーホールにて、
わが子「<Lyra>こと座物語」をお披露目していただきました。

どんな子でも、わが子は可愛いもの。
未熟ながらも、母・えみーごにとっては感動こと座でした☆彡 


私の妄想世界を理解してくださった育ての父・小田野宏之先生、
流石の歌声!西村圭市君、
ド・ソロを美しく奏でてくれたハーピスト美香チャン、
色々な要求に応えてくれたスペシャル合唱団の皆さん、
その影で支えてくださった本山秀毅先生、
大変なプログラムの中ご協力いただいたオケの皆さん、
色々お世話になったスタッフ・関係者の皆さま、
有難い機会を下さった中村学長、

そして何より聴いてくださった沢山のお客様方に感謝申し上げます。


これだけの方々に支えられ、音となり、こと座となった我が子。
あのホールで頂けた沢山の拍手、もう私自身


     星  に  な  っ  て  イ  イ 


思いました。

表したいことが多すぎ、与えられた7分の中では収まりきれず・・・色んな意味で育て直したい箇所も多々ありますが、
成長途中の1点である<Lyra>、 様々な反省点を今後の子作りに活かせるよう、良い母になれるように頑張ります!(作れば作る程恨みをかっている気がしますがねぇ、、



あご様もハスキーボイスの中オツカレ様でした!w
雲、大空に吸い込まれそうな、ホールの中に大空が見えたような、そんな気がしました!!
素敵な作品をありがとうございました☆彡


丸山様のリストも人柄が出るような演奏で、ホントに美しかったです!
てゆうか、マジ神です!ドイツのお家にはピアノが無いて
この日一番の衝撃だったように思います。。


初めて練習などの「舞台裏」を知って聴いた今回のブルックナーは、
またいつもとは違う耳で聴いていたように思います。
正直「長っ!」って感じでしたが、それでも最後まで真剣に聴きたい、そんな気がしました。


とにかく、指揮者って大変だなて思いました。
オダパパ(←シメれらる?w)にもっともっと学びたいと思いました。


そんなわけで、学生の皆さま、新曲2曲にコンツェルト、シンフォニー…ってホントお疲れさまでした


私幸せです。

私、本当に幸せです。

私、マジで…

           あ、もぅウザイって?笑



とにかく感謝の気持ちで一杯です!
…にしても、毎年あの舞台に出てるオケのみんながとても羨ましい!!!!

拍手[0回]

2008.12.5初演予定
  <Lyra>こと座物語~限りない光~
バリトン独唱・女声合唱・ハープ・弦楽のために

作品ノート

<Lyra>リラ
グルックの「オルフェオとエウリディーチェ」などでも知られること座のギリシャ神話。突然、不慮の事故で妻を失う男の話で、男も後追いをする、妻が生き返る…など様々に描かれているものがある。

なくならなくて良い命が、そばに居るはずの命が突然奪われる現代。

ちょうどこの神話について調べているとき、中国での地震や秋葉原の通り魔事件などショッキングな事件が多発していた。


被害者の立場に自身を置き換えて考えると、自分が死ぬことよりも、周りにいてくれる誰かが居なくなることの方が耐えられないと思った。

ちっぽけで弱い私は、残されたその後を生きる強さがあるだろうか…。後追いを考えるのではないか…。など思った。


そこで当初は
「妻を失った男の嘆きを見かねて、神は男を『妻のもとへ…』と大空へあげた」

という結末を予定していたのだが、それではいけないと思い、

自分自身に、
今を生きる人々に、
いけない事をしようとしている人々に、
自らの命を絶とうとしている人々に、
といった[残されている人々]に
「今を一生懸命生きましょう!」ということを伝えたく


空から見ている人は、後追いや後悔を望んでいるのではない、幸せに生きることがあの人にとっても幸せ・・・

そんな祈りと願いを込め、
「妻のため、周りにいてくれる人々のために今を懸命に生きる男」

を描くことに決めた。
男女愛の話にのせて伝えたい人間愛。
拙い歌詞と拙い音楽ではあるが、何か感じていただけることがあれば嬉しく思う。




~あらすじ~
歌手であり琴の名手オルフェはいつも歌い琴を奏で皆に幸せを感じさせていた。最愛の妻、木の精霊ウルディスもその一人だったが不慮の事故で帰らぬ人に。男は突然の不幸を嘆き、琴を置き悲しみに暮れた。そのあまりにも悲しい嘆き声は神の心をも動かし「ついて来る妻の姿を見ないこと」を約束に死界から妻を連れ帰る事を許されるが、地界に戻る寸前で耐え切れず後ろを振り向いてしまう。そこには薄れていく妻の姿が…。自らの過ちで1人戻り後悔に苦しむ男の泣き声は、聴く者を酷く悲しい気持ちにさせた。見かねた妻の精霊仲間が「あの喜びを思い出して…」と優しく眠りに誘う。夢の中で、嬉しそうに奏でそれを聴く妻の笑顔を見た男は、妻が1番望んでいることに気づく。そして妻がくれたこの幸せが「あなたにも届く様に」と歌い始め、再び聴く者全てに力を与えた。

その後も歌い琴を奏で続けた男もとうとう最期を迎える。弾き手を失った静かな琴を見た大神ゼウスは「オルフェの許へ…」と、その琴を大空へ上げた。

―あの星空を眺めると、聴こえてくる歌があるー

拍手[0回]

終わりました終わりました終わりましたーーーー!!!!!!(色んな意味でww)
こちら

フルボッコされたらドナイシヨ。。。なんて、ドッキドキ&ガッチガチで向かったトーキョー。
どんな事にも耐えるゾ!!ただ無事に演奏され、無事に大阪さ帰って来れる事だけを心に行ってまいりますた。


とにかく、私の勉強のために温かくお力貸して下さった方々に感謝と懺悔デス。。
関西から、関東から、九州から、東北から…来て下さった皆さま。
本当にありがとうございました!!!
大学時代の師匠まで駆けつけてくださり…涙涙涙
ダイスキN先生までいらしてくださっていたとは!!!!

ほっっんとに私は恵まれて幸せモノやと感じた経験でした!!


、、、曲については、、最初の5小節くらいだけイイ感じ?でしょうか…汗
もぅ嫌なくらい想像通りの音が鳴ってて…

反省しています。はい。激しく反省しております。。。

もっと書きたい!もっと表したい!!
そぅ思ふ今日この頃デシ・・・

きっと、「なんじゃアレ…」とか「前田のはもぅ聴かん」とか、、
って方も沢山いらっしゃるでしょう。。

でも、そぅいった方々に「聴きたい」と思っていただける日が来るよう、

        「精一杯頑張る!!!!!」

そぅ強く思わせる大切な機会になりました!!!



そして、未熟な作品を指揮してくださった秋山和慶先生(マジ素敵すぎっっっ)、
演奏して下さった東京フィルハーモニー管弦楽団の皆さま(プロってスゴーーーイ)、
本当にありがとうございました&すみませんでした・・・

また演奏していただける機会があるよう、修行していきたいと思いますので、
どうか「もうヤダ」とはおっしゃらず、、、そして、長生きして(ヲイ!)お待ち頂ければ幸いです・・・


さらに、未熟な作品にもかかわらず、有難いお言葉を下さった皆さま。
本当に救われる気持ちでした!!ありがとうございました!!!

私にしか出来ない音楽!創り上げていきたいと思います!!!!!
そしていつしか、、、、来世になるかもしれないですが、、、、
恩返し出来るよう頑張っていきたいとおもいます!!!


そもそも選んで頂けたのが不思議なくらい明らか傾向が違う私の作品に、
有難い機会と賞を与えてくださった審査員の先生方、日本交響楽振興財団の皆さま、

…肩お揉みしましょうか??
…お荷物持ちましょうか??

、、いやいや、w

可能性を見出して頂けたと勝手に解釈して(どこまでもぽじてぶ!)
この経験を無駄にしないよう、しっかりと今後に活かしていきたいと思います!!!


あご様、大胡様。
お二人の作品と共に舞台に載せていただいたこと、
とても恥ずかしい気持ちもありましたが、やっぱりとても嬉しかったです。

たくさんの刺激、ありがとうございました!!!
これからもステキな作品楽しみにしています!!!
皆さんと共に、現代作曲界を盛り上げていける一員になれたらいいな…


あぁーーー!!
もぅホント色々な事にありがとうございますデス!!


ミンナダイスキ
感謝の気持ちで一杯、えみーごでした

拍手[0回]

昨日、無事Joint Concertが終わりますた~
http://emiworld.blog.shinobi.jp/Entry/28/



みんな上手いね~
普通にお客さんとして楽しんじゃったよ


Flute 辻合佑璃
Oboe 藤原京
Saxophone 古川真也
Percussion 泉純太郎
Piano 宅見優里

です!!売り込み!!!


めっちゃ濃いプログラムの中、えみーごの作品もマジで取り組んでくださって
だってさ、こーゆー演奏会でやりたい曲って一杯あるハズやのに、
えみーごご指名てギザウレシス



まー、


    この編成で出来る曲がないから、前田にやらせとこか~



ってな動機だったとしてもウレシスwww
こんなプレイヤーの方々にやってもらえるなんてだもん!!!



にしても、想定外に作曲学科ご来場率が高くて、ホンキで焦った
確認しただけでも院の大先輩3名やら後輩やら…アセアセ


なんてーの?
やっぱ同業者に聞かれるのが一番ドキドキするのね。。しかも院!!!


パティシエのダーリンに、自分の手作りケーキを食べられるような…(え?ww



まーまーまーw
ご来場ありがとうございますた


しっかしほんと、プレイヤーの皆さまに感謝

みんな綺麗な音色だし、めさ楽しかった
爽やかえみーになれたかは不明だけど、
こーゆー曲書いて生きて行けたら、ヲタク度数も低くなるんだろうな~爆


でも朝ドラ系って言ってくれた子もいて、嬉しかった


お願い!!!!!!ドラマとか映画とかの曲書かせて!!!!!!!爆







…そこに辿り着く日が来るのかワカラナイけど、、



     爽やかえみーご!らぶり~えみーご!(?




を目指して頑張ります!!!!!


ま、、まだまだ要らない音も書いただろうし、
一部イジメてしまった方々(メンズw)もいて申し訳ないけど。。



プログラムには載せてないけど、
いちお冒頭のマリンバソロは 

「Jが奏でる桃の節句Jazz Var.」

で、「ひな祭り」のアレンジだったワケだけども、、、


    不可能じゃない超絶技巧を要する…


ってめっちゃ迷惑な曲で
アレは反省してます。。はい。。ごめりんこ

でも、実は気に入ってるから、許容範囲内に書き直したいな~ニヤリ




せっかく、みんな素敵な演奏してはったから、勝手に各曲コメっておきます
(要らんとかイワナイデ



E.グリーグ 「叙情小曲集」より余韻、バラード、家路
(辻合、藤原、泉)

初めて聴いた曲だけど、みんなの綺麗な音色が届く曲で楽しかった
正直、グリーグの曲って2~3曲しか聴いた事なかったから、
「へー」って感じました

M.ラヴェル : 「夜のガスパール」よりスカルボ
 (宅見)

今回のプログラムの中にこの曲入れちゃうとこがスゴイ!!!!!!
それでいてサラっと弾いちゃうんだからー
マジ尊敬します!!!!!
ただ、ピアノの音(楽器自体)がなんか違和感て言うか、なんて言うか、、
後で確認したところ、調律師さんがいつもとは違う若い方だったようです。。これは残念。。
(正直、調律してないのかとおもた)


C.ローバ : 「9つの練習曲」よりバラフォン
(古川)

3曲目にしてもぅド現代?って思ったけど、
現代分野の聴き手にしたらキターって感じで面白かった
重音いっぱい~だし
普通の音吹きたくならんのかな?って思ったけど、コレ練習曲だもんねww
真也クンのチョット違う一面を見れてヨカッタ


G.P.テレマン オーボエと通奏低音のための「6つのパルティータ」より
(藤原、宅見)

個人的にオーボエの音が大好きなんだけど、京ちゃんの音色、
惚れますねー
現代物がお嫌いのようですが、オーボエで現代曲できたら需要が多いのになー
ってこれから口説こうかとも思いますww


M.ラヴェル 「クープランの墓」よりプレリュード、メヌエット、リゴードン
(出演者全員)

こちらは、演奏というか、純君のアレンジばっか聴いてたwゴメン
やっぱ、演奏者自身が編曲したほうがイイよねー涙
どんなに練ってもこう書こうと思いつかない事を、サラっと書いちゃうんだから
あと、フルートとオーボエが持ち替えあった事も面白かった
ワタシ、イングリッシュホルンとか書いたことねーーー


湯山昭 マリンバとアルトサクソフォーンのための「ディヴェルティメント」
(古川、泉)

えみーごの中でベストヒットの曲
終わり方だけ、そこまでの流れと違って気に入らないんだけど(湯山先生ゴメンナサイ自分の事は棚に上げてます
曲自体も面白くて、奏者が演奏してて楽しい曲やと思う!!!
そして彼らの本能的な名演、ホントよかったです
十八番って事もあるんだろうけど、ワクワクした!!!!
こんな演奏してもらえる曲書きたいなー


P.サンカン フルートとピアノのための「ソナチネ」
(辻合、宅見)

こちらも初めて聴いた曲だけど、美しい曲だった
ピアノむずそーって思ったけど、らく~に吹いてたフルートも難しいんだろうね
そんなん感じさせない演奏が出来るって素晴らしいっ
佑璃ちゃんの他の演奏も聴いてみたいな~


D.ミヨー : 「マリンバ協奏曲」より第3楽章
(泉、宅見)

これも楽しかったねー!!!!!
楽器の配置見て、どーするんだろ?って思ったけど、
「あ、そーゆー風にやっちゃうんですか」って感じ
1、2楽章も聴いてみたいな~

前田恵実 : 春の戯れ
(出演者全員)
これはもういいねww
あ、再演してください!!!!!!!


長くなっちゃったけど、そんな素敵な一夜でした
次いつ会えるかわからないから、打ち上げにも厚かましく参加しちゃって
オバタン楽しかったわ

皆さん、ありがとうございますそしてお疲れサマ

拍手[0回]

HN:
前田恵実
性別:
女性
自己紹介:
大阪在住の作・編曲家です。

※ 作品やレッスンについてのお問い合わせは↓
emimaeda.music☆gmail.com まで♪
(☆印を@に変えてください)
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
ブログ内検索
バーコード
カウンター

Template "simple02" by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]